日々の「キニナル」を発信中

チャーリーとチョコレート工場|東京のシーンに日本人はいない?ロケ地や店員役についても!

ティム・バートン監督による大ヒット映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくる日本のシーンが気になりませんか?

金のチケットが入ったウォンカチョコレートが全世界に出荷され東京でも販売開始されるという日本のシーン☆

あの日本のシーンでは、特に店員の女性がゲートオープンのボタンを押すシーンが印象的でしたね。

ドアが開くとともに待っていた子どもたちがどっと押し寄せましたが、ドアを開けるボタンを押した女性はいったい誰なのか?

今回は、映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくる東京のシーンでの店員さんは誰なのか調べてみました!

映画『チャーリーとチョコレート工場』東京のシーンに日本人はいない?

映画『チャーリーとチョコレート工場』の東京のシーンで、店内に流れ込む日本人のお客さん役は、ロンドン在住の日系や中国の方だったようですね。

海外の映画ではよくありがちな日本のシーンですね!

映画『チャーリーとチョコレート工場』東京のシーンのロケ地は?

映画『チャーリーとチョコレート工場』の東京のシーンのロケ地は、銀座と新宿だそうです!

東京のシーンでの最初に写ったネオン街は、銀座!

そして、次の場面はお店のオープンを待つ入り口のガラスのドア前にいる子供たちの背景のネオン街は、新宿の東口とのこと!

マルイやビッグカメラの看板が映っていますね。

2005年公開の映画ですが、今尚同じ看板もあったりするところが楽しいですね。

例えば、赤い看板の「すき焼き・しゃぶしゃぶ・かに」も現存します^^! 

銀座や新宿東口に訪れた歳には是非チェックしてみてくださいね☆

オープンを待つ日本人役の子どもたち☆/

映画『チャーリーとチョコレート工場』東京のシーンの店員役は誰?

ティム・バートン監督による大ヒット映画『チャーリーとチョコレート工場』に出演する店員役の日本人は、堀内愛子さんという女優さんです。

ウィリーウォンカが全世界に向けて金のチケットが入ったウォンカチョコレートを出荷。

その出荷先のひとつ日本の東京でのシーンが一瞬ありましたね。

世界中の子供たちが金のチケットに夢中になる中、日本でも同様の騒ぎに!

今か今かと待つ店舗入口の人たち、そんな中お店のドアを開けるボタンを押した店員役の日本人女性が、堀内愛子さんです。

堀内愛子さんは、ティムバートン監督の友人であり出演の依頼があったようですね☆

堀内愛子プロフィール&経歴

堀内愛子さんは、ロンドン在住で女優、作家、画家で活躍されている方だそうです。

成城大学院で哲学とヨーロッパ美術史の修士号と日本の美術史の学士号を取得。

中学校と高校の教師の免許も保持。

10年以上前からロンドンには、俳優と英語の勉強のために住んでいるようです。

1999年からイギリスのメロドラマ「イーストエンダーズ」などのテレビ番組をはじめ下記のような映画にも出演されているとのこと。

特に「呪怨ザ・グラッジ3」では佐伯伽耶子役で主演女優として活躍されています。

・映画「007 /ダイ・アナザー・デイ」

・映画「チャーリーとチョコレート工場」

・映画「呪怨ザ・グラッジ3」主演カヤコ役

\復讐に燃える幽霊カヤコ役☆/

\スタジオでの休憩時!?/

\未公開シーンも☆/

\低糖質チョコ!/

まとめ

今回は、ティム・バートン監督による大ヒット映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくる東京のシーンでの店員さんは誰なのか調べてみました!

日本のシーンで店員の女性がゲートオープンのボタンを押したのは、女優・堀内愛子さんでした!

堀内愛子さんは、ロンドンで活躍する女優、作家、画家として活躍されている方だそうです。

ティム・バートン監督とは友人でもあり、『チャーリーとチョコレート工場』に出演されたようですね。

短いながらも印象に残るシーンでしたね☆