日々の「キニナル」を発信中

【おおかみこどもの雨と雪】田舎の舞台の場所はどこ?富山の大自然と細部もそっくりな家!

映画『おおかみこどもの雨と雪』での田舎のモデル舞台はどこだったのか気になりませんか?

花が田舎へ引っ越すと決めて選んだ家や雨がオオカミとして生きようとする森や山の風景のモデルはどこだったんでしょうか。

今回は、アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』で舞台となった場所はどこなのかを調べてみました!

花の家

映画『おおかみこどもの雨と雪』で田舎へ引越してきた花の家は、間口の広い趣のある大きな古民家が印象的でしたね。

富山県にある古民家がモデルになったようです。

富山県出身の細田守監督が偶然見つけてそのまま映画のモデルにしているらしく、外観から細部まで映画とそっくりです!

古民家がある場所は富山県の東部の山深いところにあり、まさに映画の世界そのまま。

家の内部は見学もできるので、是非訪れてみたいですね。

花の家:〒930-0464 富山県中新川郡上市町浅生18
 

悪城の壁

ラストシーンで花が落下した際の崖のモデル地は、富山県立山町にある「悪城の壁」です。

高さが約500mの絶壁が約2kmも続いていて迫力満点の景色ですね。

〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺

 

 

称名滝

オオカミになった雨が疾走する場面の舞台は、「称名滝」です。

キツネの先生の元で学び雨がオオカミとして生きようとする切ないシーンでしたね。

称名滝:〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺

 

映画『おおかみこどもの雨と空』U-NEXTで配信中!

しかも、無料期間中の600ポイントプレゼントで見れる! 

\ GW中に今すぐ見れる!入会日から31日間無料でお試し!/

U-NEXTで今すぐ無料で映画を見る!

    【この作品を見るならU-NEXTがおすすめ】

  • 今すぐ見れる!!!
  • 31日間の無料体験!
  • 無料お試し中に600ポイントプレゼント!
    (最新作、最新コミックの購入に使用可能!)
  • お試し期間中いつでも解約OK!
  • 18万本以上の動画が見放題!

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

まとめ

今回は、アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』で舞台となった場所はどこなのか調べてみました!

舞台となった場所は大自然を感じられる細田守監督の故郷でもある富山県でした!!

「称名滝」や「悪城の壁」、そして「花の家」、富山へ行った際には是非訪れてみたい場所ですね。

観光地とは無縁だった「花の家」は、今や『おおかみこどもの雨と雪』の聖地として人気の場所のようですね。