日々の「キニナル」を発信中

松丸亮吾の兄弟の年齢や職業は?メンタリストdaigoとの仲は良好?

『ナゾトキ』や『ナゾトレ』、ひらめき王子として話題の松丸亮吾さんが気になりませんか?

松丸亮吾さんは実はDaiGoさんが実のお兄さんということも公となってより注目されていますね。

今回は、松丸亮吾さんの兄弟についてや、DaiGOさんとの関係についても調べてみました。

松丸亮吾のプロフィール

東京大学工学部卒の松丸亮吾さんは、小学校の時に家族の誰よりもテレビ番組の謎を解けたことから『ナゾトキ』に興味を持ったようですね。

現在では、「ひらめき王子松丸くん」としてテレビで活躍されています!

名前:松丸 亮吾(まつまる りょうご)

生年月日:1995年12月19日

年齢:25歳

職業:タレント、クリエイター、RIDDLER株式会社代表取締役

RIDDLER株式会社は、あらゆるメディアで謎解きを仕掛ける謎解きクリエイター集団だそうです。

有名なうんこドリルにも参戦、『うんこナゾトキ』も発売されていて大人気のようです。

出身大学:東京大学工学部

家族:兄が3人(DaiGoは一番上の兄)

身長:170cm

↓170センチと呼ばれることに喜び!

↓実は片付けが苦手、、

↓猫愛が半端ない、、

松丸亮吾の家族構成・兄弟の年齢や職業は?

松丸亮吾さんは、4人兄弟の末っ子だそうです。

長男・大吾(Daigo)さん、次男・彗吾さん、三男・怜吾さん、そして四男・亮吾さん。

最近では『松丸家の育て方』の本も出版され、兄弟揃って関係は良好のようです!

残念ながらお母さんは、松丸亮吾さんが高校二年生の時に乳がんで亡くなられたそうです。

そんなお母さんのことを松丸亮吾さんは、「この世で一番尊敬する人間は母親だし、それを超える人は多分現れない」と語っておられます。

「母が亡くなって初めて、彼は母の偉大さに気づいた」とも。

父・悟さん

本の印税は全てお父さんにとのDaigoさんの発案で決まったそうです。

親孝行なご兄弟で、幸せなお父さんですね!

\天才と呼ばれる松丸4兄弟は育ち方!/

長男・大吾さん(DaiGo)

年齢:35歳(1986年11月22日 )

職業:メンタリスト、作家、ニコ生主、YouTuber

次男・彗吾さん

年齢31歳:8月1日生まれ

職業:DaiGoの動画配信サービス【Dラボ】の開発と運営

独学でプログラミングを習得し、月8億稼いだエンジニア

↓怜吾さんさんからの祝福!!

↓守護霊をつける!?

↓4月にパパになったそうです!

三男・怜吾さん

年齢:27歳(1994年1月26日)

職業:リフの惑星のドラマー、調香師

薬剤師の資格もお持ちなんだそうです。

↓兄弟共演!!

四男・亮吾さん

年齢:25歳(1995年12月19日)

職業:タレント、クリエイター、RIDDLER株式会社代表取締役

↓幼き頃の四男・亮吾さん、三男・怜吾さん

松丸亮吾とDaiGoの兄弟関係は?

弟・松丸亮吾さんと9歳年上の兄・DaiGoさんの兄弟仲は良好と以前の松丸亮吾さんへのインタビュー記事(参考文献:ORICON NEWS)では回答されていました。

松丸亮吾さんのナゾトレミュージアムに遊びにいくなどツイートでの発信内容は兄弟の仲はいたって良さそうなお二人。

中学生のころは兄・DaiGoさんへコンプレックスを感じていたそうですが、慶応大卒の兄を超えるべく東大を目指し見事合格。

当時、「DaiGoの弟」としてしか見られなくなった自分にコンプレックスを感じていたようです。

テレビに出るようになってからもDaiGoさんの弟ということは公開していなかったそうですが、その後『ナゾトキ』で成功し始めた頃ようやくDaiGoさんとの兄弟関係にあることを公にしたそうです。

↓先日のDaigoさんの発言ではお兄さんの発言に困惑している様子、、、お兄さんとの全面対決表明!?

↓なるほど、こういう関係かも!?

弟・松丸亮吾さん「ナゾトキミュージーアム」へ訪れる兄・DaiGOさん。

\人生で大きな成果をあげるために必要なものは?/

まとめ

今回は、松丸亮吾さんの兄弟についてや、DaiGOさんとの関係についても調べてみました。

松丸亮吾さんは、4人兄弟の末っ子。

長男・大吾(Daigo)さん、次男・彗吾さん、三男・怜吾さん、そして四男・亮吾さん。

松丸亮吾さんとDaigoさんとの兄弟関係は2018年当時のインタビューでは良好と答えていましたが、現在も特に不仲のようには感じられませんでした。

先日のDaigoさんの発言で困惑し論破するとのツイートもありましたがおそらく紳士的な対応でお兄さんと話し合われるような気がしますね。

本も出版されるという松丸家の4人兄弟。

印税は全てお父さんへということからみても素敵なご兄弟かと想像できますね。