日々の「キニナル」を発信中

【名探偵コナン】異次元の狙撃手のモスキート音は本物?聞こえた?みんなの声まとめ!

映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』で博士が作った探偵バッジから鳴るモスキート音は、本物なのか気になるところですね。

実際見た人は聞こえたのか?

聞こえなかった人はいるのか?

みなさんの声もまとめをてみました!!

モスキート音って何?

モスキート音とは、蚊が飛んでいる時に鳴るプーンという高い音のことです。

音の高さは周波数という単位で表し、モスキート音の周波数は18000Hz前後のようです。

年齢が高くなるとモスキート音のような高い音が聞こえにくなってくるので、子供には聞こえても大人には聞こえないという現象が起こるんですね。

音の聞こえる周波数の目安としては、
  9000Hz:誰もが聞こえるレベル
10000Hz:60代の方まで聞こえるレベル
12000Hz:50代の方まで聞こえるレベル
14000Hz:40代の方まで聞こえるレベル
15000Hz:30代の方まで聞こえるレベル
16000Hz:20代の方まで聞こえるレベル
18000Hz:モスキート音

参考文献:リオネット補聴器
(↑こちらのサイトでどの周波数まで聞こえるかチェクできますよ^^)

モスキート音は聞こえた?みんなの声まとめ

実際映画を見た人が聞こえたのか聞こえなかったのかみんなの声をまとめてみました。

ほとんどの人は聞こえるようですが聞こえなかったという人も、、

映画の音は本物?

映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』で博士が作った探偵バッジから鳴るモスキート音は、本物なのか気になるところですね。

映画のモスキート音は、本物のモスキート音よりは少し低めの周波数だったのではないかと思われます。

本物のモスキート音であれば映画を見たもっと多くの大人の方が、モスキート音を聞こえなかったはずですよね。

実際、私もいい大人ですが^^、周りの20代〜50代の人も聞こえなかったという人はいませんでした。

一部聞こえないと言う方もいたようですが、周波数が少し低めとは言えあの音域が聞こえづらい人なのかと想像します。

そもそも博士バッジのモスキート音が聞こえないと映画として楽しめなくなりますよね^^。

大人から子供まで楽しめるようにモスキート音は配慮された音になっているということのようですね☆

 

\ 入会日から30日間無料でお試し!/

まずは無料でお試し!TSUTAYA DISACS

/ ネットで借りて、ポストへ返す。TSUTAYA DISACS \

まとめ

今回は、映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』で博士が作った缶バッジから鳴るモスキート音は本物なのか気になったので調べてみました。

おそらく実際の使われている本物のモスキート音よりも周波数が低かったのはと思われます。

そのため年齢に関わらず大人でも聞こえた人が多かったようです。

一部聞こえないと言う方もいたようですが、周波数が少し低めとは言えあの音域が聞こえづらい人なのかと想像します。

映画中では犯人には聞こえないけれども、子供たちのみに聞こえるというモスキート音をうまく使っていました。

欠陥品とまで子供たちに避難された博士のバッチも役に立ってよかったですね☆