日々の「キニナル」を発信中

【名探偵コナン異次元の狙撃手】世良真純のセリフ「今のところはね」の意味は?

映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』での世良真純のセリフで気になるところはありませんでしたか?

今回は、世良真純のセリフ「今のところはね」の意味について考察してみました。

このセリフは映画のエンドロール後の場面です。

それ故に印象に残った方も多いようですね。

「今のところはね」のシーンとは?

世良真純のセリフ「今のところはね」と言った場面は、どんなシーンだったかおさらいしてみますね。

このシーンは、毛利蘭、鈴木園子が入院している世良真純の部屋へ訪れて3人で談笑中での出来事です。

鈴木園子:「それにしても、蘭っ!

あのマシンガンを持った男によく戦いを挑んだわよね!」

 

毛利蘭:「あの時は夢中で!」

 

鈴木園子:「ほんと頬のかすり傷でだけで済んで良かった!もしも心臓にあたったらっと思うととこっちは冷や冷やよー」

 

毛利蘭:「ほら、私ってわりと運いいし!」

 

世良真純:「大丈夫だよ!蘭君のハートをスナイプできるのは彼だけだからさ♡」

 

毛利蘭:「えっ…」(頬を赤める♡)

 

鈴木園子:「あーそ~ね〜(笑)、愛しの新一く〜んっ!」

 

世良真純:「今のところはね‥」

この世良真純の意味深なつぶやき、、その後そのままコナン君がくしゃみをするという場面に切り替わり3人の談笑シーンは終了。

このセリフとっても気になりますよね、、、

「今のところのね」の意味は?

世良真純のセリフの「今のところはね」の意味するものはなんだったんでしょうか?

「今のところはね」のセリフの意味は、今のことろは蘭ちゃんのハートをスナイプするのは新一だけど、そのうち世良真純が新一といい仲になる可能性があるよ。そして、蘭のハートをスナイプするのは新一ではなくなるかもよということではないでしょうか(=世良真純は新一のことが好き)

このセリフから読み取れる意味は、3つあるのかなと思われます。

1.新一のことを好きな新たな人物が蘭のライバルとして現れる

2.世良真純が新一に好意を持っている

3.  世良真純が蘭に好意をもっている

やはりSNS上でもこの3つを推測されている方が多いですね。

この3つのうちだと、世良真純が新一に好意を持っているというのが腑に落ちるような気がします。

その理由としては、映画中盤での気になる新一と世良真純のやりとり。

世良真澄:「大丈夫、コナンくんは僕が必ず守るから!

 

世良真澄:「それに今のところコナンくんの心臓には弾は当たらないよ。もちろん、君の心臓にもね」

このセリフから読み取れるのは、世良真純が新一のことを守る、守りたいという強い意志の表れ。

ってことは、やはり世良真純は新一のことに好意を持っているように受け取れますね。

 

\ 入会日から30日間無料でお試し!/

まずは無料でお試し!TSUTAYA DISACS

ネットで借りて、ポストへ返す。TSUTAYA DISACS

まとめ

映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』での世良真純のセリフ「今のところはね」の意味するものはなんだったんでしょうか?

「今のところはね」のセリフの意味は、今のことろは蘭ちゃんのハートをスナイプするのは新一だけどそのうち世良真純が新一といい仲になる可能性があるよ。そして蘭のハートをスナイプするのは新一ではなくなるかもよという意はないでしょうか(=世良真純は新一のことが好き)

映画中盤での気になる新一と世良真純との会話、コナンくんは僕が必ず守るから!』というセリフが世良真純の気持が強く表れているような気がします。

SNS上でもそういった声があがっていますね。