日々の「キニナル」を発信中

伊藤美誠はハーフで母親が中国人?敏腕シングルマザーの英才教育が強さの秘密!?

2016年のリオオリンピックでは卓球史上最年少で銅メダル獲得をした伊藤美誠選手。

実は中国人とのハーフなの?という声も聞こえています。

また伊藤美誠選手の母・美乃りさんの独自の子育て論も凄いとのこと。

今回は、そんな気になる卓球・伊藤美誠選手についてや母・美乃りさんについても調べてみました!

伊藤美誠選手はハーフ?

卓球の伊藤美誠選手は、ハーフなの?という声をよく聞きますが、両親共に日本人なのでハーフではありません。

ご両親は伊藤美誠選手が幼い頃に離婚して、母・美乃りさんに育てられたそうです。

ご両親の離婚はおそらく経済的な理由ではと言われていますがご夫婦にしかわからないことですね。

なぜ中国人とのハーフというのは、卓球=中国というイメージからなのかなと想像されますね。

伊藤美誠選手の母はどんな人?

伊藤美誠選手が幼い頃はコーチとしても指導していたという母・美乃りさん。

お母さん自体も中学1年から卓球を始め、高校時代はインターハイ、大学時代も全国大会に出場。

結婚後はクラブチームで活躍していたというお母さん自身も凄い卓球選手だったそうですね。

そんな母・美乃りさんは、2016年に『子供が夢を確実に叶える方法〜そのために親がすべき29のこと〜』(スターツ出版)という本を出版されています。

母・美乃りさんのモットーは、

『何歳だろうと、やるからには本気でやる』

『中途半端ではなく、頂点を目指す』

このことからわかるように、伊藤美誠選手は2歳から卓球をはじめ4歳から10歳になるまでは一日7時間練習

トイレとご飯の時間以外は「卓球づけ」の毎日を送っていたんだそうです。

幼稚園から戻ると卓球、お昼寝の後も卓球、夕ご飯後も卓球、、

それでも一度もやめたいとは言わなかったそうです。

卓球史上最年少で銅メダル獲得の裏にはこれだけの人並み外れた努力の積み重ねがあるようですね。

\子供の夢を確実に叶えたい方必見!!/

まとめ

2016年のリオオリンピックでは卓球史上最年少で銅メダル獲得をした伊藤美誠選手について調べてみました。

実は中国人とのハーフなの?という声も聞こえていましたが、ご両親共に日本人です!

また伊藤美誠選手の母・美乃りさんは子育てについての本を出版されるほど独自の子育て論をしっかりお持ちの方でした。

幼い頃はコーチとして美誠選手を指導してきたという母・美乃りさん。

幼稚園の頃から一日7時間もの時間を卓球に費やしてきたという凄さ。

世界を目指すには人並みはずれた努力の積み重ねがあるのだと改めて感じました。

現在、まだ20歳という若さの伊藤美誠選手、これからの活躍が楽しみですね!