日々の「キニナル」を発信中

一見(いちみ)勝之氏の評判は?学歴や生い立ちについても調査!

9月12日の三重県の鈴木英敬知事の辞職に伴う知事選で見事当選された一見勝之(いちみかつゆき)氏が気になりませんか。

無所属新人で元国土交通省局長という一見氏。

今回は、そんな一見勝之氏の評判と学歴や生い立ちについて調べてみました!

一見勝之氏の評判は?

自民党・立憲民主党・公明党・国民民主党が推薦の一見勝之氏、そもそもなぜ相乗りなの?という声や初めから出来レース、というような意見が多かったようですね。

そのためか投票率は37.98%で、過去2番目に低い投票率だったそうです。

出来レールゆえの行っても仕方がないという雰囲気と投票所での感染リスクも考えてのことか投票率は低いですね。

今回は出来レースで行っても仕方がない、行っても無駄という雰囲気があったようです。

下記、一見氏への評判をまとめてみました。

↓県民の願いとのズレ!?

↓未来はない、、、

↓具体策がない、、

↓期待をこめてお願い事、、

↓庶民の気持ちはわからない!?、

↓公報が響かない

↓期待。。。

↓久々まともな知事!

↓推薦が相乗りすぎ!

↓一見氏圧勝!投票率の低さ&消去法で投票!?

↓他の立候補者との消去法か。。。

↓籠池泰典諄子氏のツイート、、

一見勝之氏の学歴や生い立ちは?

一見勝之氏は三重県亀山市出身、ご実家は小売り酒屋を営み米とお茶の兼業農家でもあるそうです。

そのためか小学校高学年のころには酒の配達を手伝い、ビール1ケースを一人で5階まで運ぶことも。

中高では駅までの道のり片道6キロを自転車で、また浪人時代には毎日3キロのジョギングを続けるなど強靭な体と続ける精神力も持ち合わせているようです。

小学校6年生には児童会長、中学3年生の時には生徒会長を務めるなど、その頃からリーダー格ではあったようですね。

また中学から三重県ではトップレベルの私立高田中学へ入学していることから中学受験を経験されているようです。

大学時代にはサッカーや空手にも打ち込み、文武両道の方のようですね!

好きな言葉は、「鞠躬尽力(身を慎み、誠心誠意全力を尽くすこと)」だそうです。

是非この言葉どおり三重県民の方のために尽力していただきたいと

【学歴】

1967年:川崎愛児園入園

 

1967年:亀山市立川崎小学校入学

 

1975年:私立高田中学入学(6年制)

 

    私立高田高等学校

 

1981年:上京、駿台予備校

 

1982年:東京大学文科1類入学

 

1986年:東京大学法学部卒業

 

1986年:運輸省(現・国交省)へ入省

↓街頭演説に立つ一見勝之氏!

\三重と言えば伊勢海老!/

まとめ

今回は、9月12日の三重県の鈴木英敬知事の辞職に伴う知事選で見事当選された一見勝之(いちみかつゆき)氏の評判や学歴と生い立ちについて調べてみました!

無所属新人で元国土交通省局長という一見勝之氏の評判については、公約や政策についての具体策にかけているというような声と今後に期待したいというような声がありました。

また、今回の選挙での選び方として「消去法」での選択だった、相乗り推薦ってどうなのという声も非常に多かったですね。

学歴については中学からの私立の名門進学高に進み東大へ、またサッカーや空手などにも精通し文武両道の方ようです。

浪人時代の毎日のマラソンはお父さんとの約束とのこと、勉強だけでなく心身共に鍛えることを大事にしておられるお父さんなのかなと想像しますね。

今回「消去法」で選んだ方が多いとは言え、結果的に一見氏を選んで良かったと思われるように三重県民の方のためご尽力いただきたいですね。