日々の「キニナル」を発信中

【最年少V!笹生優花】全米女子オープン優勝賞金や両親について調査!

女子プロゴルファーの笹生優花さんが、2021年6月7日に全米女子オープンで見事優勝されましたね!!!

19歳という若さでの優勝は、「最年少タイ記録」だそうですね。

今回は、全米女子オープンでの獲得賞金と生涯獲得金額、そして両親などについても調べてみました!

笹生優花の全米女子オープンの賞金と生涯獲得金額は?

笹生優花さんが、今回の優勝でわずか19歳で手にした賞金と獲得したものは何でしょうか?

一気にミリオネアとなる賞金と今後の活躍にも影響する出場権を獲得されました!

また、今回19歳11カ月17日での優勝は、2008年大会優勝の韓国の朴仁妃選手の最年少優勝記録にちょうど並び、「最年少タイ記録」となったようですね!!

【全米女子オープン獲得品一覧】

  • ミッキー・ライトのメダル(ミッキー・ライト:アメリカの伝説の女子ゴルファーの名前)

  • Harton S. Sempleトロフィーを1年間保持

  • 次の10回の全米女子オープンへの出場権
  • 次の5つのAIG女子全英オープン、KPMG女子PGA選手権、アムンディ・エビアン選手権、およびANAインスピレーションへの出場権
  • 100万ドルの小切手

   100万ドルは、1ドルを109円だとすると、1億900万円です!

また、2021年5月までの生涯獲得金額が¥97,721,942(JLPA調べ)なので、今回の全米女子オープン優勝で2億円超えですね!!

 

プロゴルファー笹生優花の両親と兄弟は?

笹生優花さんの父・正和さんは日本人、そして母・Fritzieさんはフィリピン人です。

フィリピンで生まれた笹生優花さんは、三歳までをフィリピンで過ごし日本へ移住。

その後、小学6年生で再びフィリピンへ戻ったようですね。

三人の弟と妹が一人という5人兄弟の一番上という優花さん

一節によると家族で朝のジョギングをしているんだとか!?

8歳の時から父・正和さんの影響でゴルフを始めたとのこと。

幼い頃から父・正和さんのもとでトレーニングに励んできたようですね。

プロゴルファー笹生優花の国籍は?

2001年6月20日生まれの笹生優花さんは、現在19歳です。

法律では22歳までに、国籍を決める必要がありますが、現在はフィリピンと日本の2重に国籍をお持ちのようですね。

先日の全米オープンで優勝した際には、フィリピンの選手として参加されたようです。

またオリンピックもフィリピンの選手として出場される予定ですね。

まとめ

女子プロゴルファーの笹生優花さんが、2021年6月7日に全米女子オープンで見事優勝!!!

今回は、全米女子オープンでの獲得賞金と生涯獲得金額、そして生い立ちについても調べてみました!

賞金はなんと1億円超え、そして生涯獲得金額は2億円超えという素晴らしい結果に!

また笹生優花さんは、日本人とフィリピン人とのハーフで両方の国籍をお持ちでした。

先の全米女子オープンもオリンピックもフィリピン人として出場されるようですね!!

今後の活躍が楽しみですね!