日々の「キニナル」を発信中

にこるん(藤田ニコル)の生い立ちが壮絶!母親ままるんとの関係は?

いつも明るいおバカキャラが可愛いにこるん(藤田ニコル)の生い立ちが実は壮絶だった、、

一見、苦労知らずに見える彼女の母への思いとは、、?

今回は、そんなにこるん(藤田ニコル)の生い立ちについて調べてみました。

にこるん(藤田ニコル)のプロフィール

生年月日:1998年2月20日

出身地:ニュージーランド

血液型:A

身長:166cm

趣味:短距離走、バドミントン

特技:絵を描くこと

現在はモデル、テレビ、雑誌の表紙にも大活躍のにこるんです!

にこるん(藤田ニコル)の生い立ちとは

いつも明るいにこるんこと藤田ニコルさんの生い立ちとは、、、

ニュージーランド出身という彼女は、ロシア出身のポーランド人とロシア人のハーフの父親と日本人の母親の元に生まれました。

父がIT企業社長だったことから生まれた当初は、プール付きの豪邸に住んでいたんだとか。

しかし、にこるんが2歳の時に父親が事業に失敗し負債はなんと10億円だったそうです。

その後両親が離婚、にこるんが3歳の時に生まれ育ったニュージーランドを去り、母親とともに埼玉県へ移り住みます。

母親は再婚して弟ができますが、その後また離婚。

ちなみににこるんは普段弟はいないと言っていたんだとか。

父親が違うことやあまり似ていないことなどを説明するのが大変だからという理由らしいです。

2度目の離婚の後、母親は昼は事務のアルバイト、そして夜はスナックのママとして働いていたとのこと。

昼夜働き続けるそんな母親をなんとか助けたい願うにこるん、、

それでも生活は苦しく、暑い真夏でも扇風機2台で過ごし家族が汗だくだっという。

また冬は、厚着をするのは当たり前という生活をしてきたらしい。。。

一見、お金に困る生活とは全く無縁そうな藤田ニコルの意外な一面です。

にこるん(藤田ニコル)と母親の関係

小学校6年の時に晴れてnicolaのモデルとなったにこるんですが、やはりモデルの世界は厳しかったようです。

中学生になり、なかなか思うように行かなかった彼女に同級生からの冷たい言葉も浴びせられたようです。

そんな時に唯一味方になってくれたのが母親だったそうですね。

「お母さんは、いつも味方だよ」「一番のファンだよ」と励まし続け支えてくれたようです。

そんな言葉がなければ頑張れなかっと当時を振り返り感謝しているとのこと。

お金を稼ぐようになっても、まずは全て母親にお金を渡しそこからおこづかいをもらっているというにこるん。

にこるんの母親に対する思いは人一倍強いようです。

普段のにこるんからはあまり想像できなかった意外な一面ですね。

↓にこるんのインスタグラムには、母親(愛称:ままるん)との2ショットも公開されています。

(2019年10月28日に当時47歳の誕生日を一緒にすごした母親・ままるんとの2ショット)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤田ニコル(@2525nicole2)がシェアした投稿

母親に対する気になる発言も

2016年に『脱毛ラボ2016』イメージキャラクター発表会に出席したにこるんの発言が少し気になりました。

というのもこの発表会でモデルの加賀美セイラさんが「10億円以上稼ぎたい。マイジェットを買いたい。映画とかつくってエンタメ業界を盛り上げたい」との大きな夢を語る一方にこるんは、「私が稼ぐって言ってもお母さんが持ってちゃう…」と肩を落としていた。(引用元:ORICON NEWS)

と、当時の記事に書かれていました。

この意味するところはなんだったんでしょうか??

お金を無心されている?

それとも無駄遣いしないように管理してもらっているという意味?

いずれにせよ意味深な発言が気になるところですね。

まとめ

いつも明るいおバカキャラが可愛いにこるん(藤田ニコル)の生い立ちが実は壮絶だったんですね。

一見、苦労知らずに見えますが彼女が過ごした環境と母への思いが今の彼女のベースにあるようです。

にこるんの夢を叶える秘訣とは、『言霊』だと彼女は答えています。

口にすることで夢を叶えていくという、一見おバカキャラのようにふるまう彼女ですが実は芯がしっかりされていて強さを感じますね。