日々の「キニナル」を発信中

メダルを噛まれた元バドミントン五輪代表・藤井瑞希選手ってどんな人?

名古屋市の河村たかし市長が後藤希友選手の金メダルを噛みつく事件についてツイートした藤井瑞希選手が気になりませんか?

東京五輪ソフトボールの日本代表・後藤希友投手のメダルが噛まれた事件と同じく辛い思いをされたという藤井瑞希選手。

今回は、そんな藤井瑞希選手について調べてみました。

藤井瑞希のプロフィール

1988年生まれで銀メダル獲得した時は25歳、現在33歳になられたようです。

卓球の福原愛選手とは青森山田高校の同級生ということもあってとても仲がいいそうですね。

高校卒業後にルネサス セミコンダクタ九州・山口でバドミントン部に所属。

2019年にはバドミントンを引退され、現在は試合解説や公演・講習、本の出版などで活躍されているようです。

生年月日:1988年8月5日

 

身長:160センチ
 
出身地:熊本県葦北郡芦北町
 
出身校:芦北町立湯浦中学校

    青森山田高等学校

 

趣味:買い物

 

好きな食べ物:焼肉、馬刺し

↓現在33歳、サッカー選手ではありません!笑!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fujii Mizuki/藤井瑞希🏸Badminton(@bdmntnfujiimizuki)がシェアした投稿

藤井瑞希がメダルを獲得したのはいつ?

2012年8月4日、ロンドンオリンピックでのバドミントン女子ダブルスの決勝が行われ、藤井瑞希選手、垣岩令佳選手のペアが銀メダルを獲得!

次の日8月5日は、藤井瑞希選手の誕生日ということもあって最高の記念日になったようですね。

↓ロンドン五輪では同じ髪型、同じネイルアートでのぞんだフジカキペア!

2018年には引退表明。

↓東京五輪への藤井選手も思い

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fujii Mizuki/藤井瑞希🏸Badminton(@bdmntnfujiimizuki)がシェアした投稿

藤井瑞希もメダルを噛まれた?

先日の河村たかし市長のメダル噛みつき事件に対しての藤井瑞希選手のツイートが4回ありました。

市長の信じられない行動に批判が続出、過去にも同じ被害にあったと訴えた藤井選手。

2012年のロンドンオリンピックでメダル獲得後様々なテレビ出演や取材を受けていた中の出来事かと思われます。

藤井選手のメダルはいつ噛まれたのか、噛んだ人は誰なのかはわかっていませんが、「ボケをかましてきた」との表現から芸人さんではとの声もあがっていますが特に公表されていません。

今後藤井選手や後藤選手のような被害がでないよう祈るばかりですね。

↓辛い過去を告白するも冷静なコメント。

↓口いっぱいに、、

↓藤井選手のメダルに噛みついたのは、河村たかし市長ではないとのこと。

↓冷静な対応

 

まとめ

今回は、メダルを噛まれた辛い経験があるという藤井瑞希選手について調べてみました。

東京五輪ソフトボールの日本代表・後藤希友投手のメダルが名古屋市の河村たかし市長に噛まれた事件と同じく辛い思いをされたという藤井瑞希選手。

10年前の忘れた過去を今回のことで思い出されたようです。

「選手にリスペクト」をと呼びかけ、これ以上被害が出ないよう投げかけておられます。

2019年にバドミントンの現役から引退されましたが、現在は公演や本を出版するなどバドミントン界活性化のために多方面で活躍されているようです。

また地元熊本県での災害による被害のためにチャリティー活動で募金を集うなど貢献されているようですね。

今回はあまり思い出されたくないような事でクローズアップされてしまいましたが、今後は結婚などのハッピーな話題だといいですね、