日々の「キニナル」を発信中

名探偵コナン【天国へのカウントダウン】10年後の写真がエラーになった訳は?

映画『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』で、10年後の写真が撮れるというマシンで、コナンと灰原哀の2人だけがエラーになるという場面がありましたね。

少年探偵団や阿笠博士たちはちゃんと撮れたのに、コナン君と灰原哀さんだけがなぜエラーになったのかとても気になりませんか?

今回は、10年後の写真が撮れるというマシンで、コナンと灰原哀の2人だけがエラーになった訳を考察してみました。

10年後の写真がエラーになった場面とは?

10年後の写真がエラーになるというお話は、映画序盤での出来事。

コナンと阿笠博士、少年探偵団達は西多摩市でのキャンプを楽しんだ後、ツインタワービルの見物に行くことなりました。

ツインタワービルに到着すると、ビルのオーナー・常盤美緒に招待されたという小五郎、蘭と園子に偶然出会います。

コナンたちはビルオーナーの美緒の秘書・沢口ちなみと専務の原佳明にビルを案内してもらうこととなります。

近未来を想像させるような最新のゲームなどがたくさんあり、その中のひとつが「コンピューターが10年後の顔を予想してくれる」というマシン。

まずは、阿笠博士と歩美が写真を撮ることに。

阿笠博士の写真はあまり変化はないものの、歩美の写真がとても可愛くって話題にもなりましたよね。

そして元太と光彦。

映し出された写真はニキビ顔でキザっぽい顔の光彦と、太った少年元太。

次に蘭と園子。

園子は、オールバックにしたショートヘアーの気のつようそうな女性。

そして一方、写真を見た歩美が「キレイ~」と絶賛する傍らで、蘭の美しく成長した姿にコナンも頬をそめます。

最後に嫌がるコナンと灰原哀を2人を無理やりマシンに乗せると、プリンターからの警告音とともに画面に表示されたのは「ERROR」。

この二人だけがエラーとなり10年後の写真が出てこなかったという場面です。

10年後の写真がエラーになった訳は?

10年後の写真が撮れるというマシンで、コナンと灰原哀の2人だけがエラーになった訳は何でしょうか?

考えられるエラーの原因は2つかなと思われます。

・マシンのデータ処理エラー

・ストーリー展開によるもの

おそらくコナンと灰原哀の見た目の姿と中身のデータが一致しないことから、このマシンでは処理できないものとしてエラーになったのではと考えられます。

またコナンと灰原哀がマシンに乗りたくなかった理由は、コナンは新一に、そして灰原哀は宮野志保として映し出されることを避けたかったからですよね。

この衝撃的な展開を映画序盤で明かすというのも避けたいところなのかなと思いました。

実際、明かされずに済んでホッとした方も多かったのではと想像します。

 

\ 入会日から30日間無料でお試し!/

まずは無料でお試し!TSUTAYA DISACS

ネットで借りて、ポストへ返す。TSUTAYA DISACS

まとめ

今回は、ツインタワービルにあった「コンピューターが10年後の顔を予想してくれる」マシンで、コナンと灰原哀の2人だけがなぜエラーになったのか考察してみました。

考えられるエラーの原因は2つかなと思われます。

おそらくコナンと灰原哀の見た目の姿と中身のデータが一致しないことから、このマシンでは処理できないものとしてエラーになった。

コナンは新一に、そして灰原哀は宮野志保として映し出されるという衝撃的な展開を映画序盤で明かすというのも避けた。

またエラーが出た後に、灰原哀が「10年後に2人ともいないってことかもね」というセリフについても気になりましたが、これは単に気持がナーバスになっていて弱っているのかなと思われます。

いつもは冷静かつ落ち着いている灰原哀が、珍しく弱音を吐くという意外な一面を見れる場面でもありましたね。